WHR JAPAN

mm_lb_206x50-01.pngmm_lb_206x50-01.pngmm_lb_206x50-02.pngmm_lb_206x50-02.pngmm_lb_206x50-03.pngmm_lb_206x50-03.pngmm_lb_206x50-04.pngmm_lb_206x50-04.png

排熱発電コンソーシアム

排熱発電 WHR 1

  • 熱電変換モジュールを用いて、これからの社会環境に貢献すべく技術開発・ビジネスを検討しているコンソーシアムです。

排熱発電 WHR 2

  • 秘密保持の下、さまざまな企業同士の情報交換の場を提供したり、そこから生まれるWG(ワーキンググループ)により、よりアクセレイトされると考えられます。

排熱発電 WHR 3

  • 原材料~モジュール~熱源を保有している会社まで、アップストリームからダウンストリームまでのそれぞれの会社が総力を結集し、当該技術の実用化に向けて尽力しております。

What is the merit of using TEG for waste heat recovery system ??

エネルギー安定供給・地球温暖化の迅速な対応には、エネルギー利用効率の向上が強く望まれております。本邦の一次エネルギー源に占める化石燃料比率は~80%にのぼり、温室効果を加速させるエネルギーシステムです。

 一方、化石燃料源からのエネルギーはその~70%以上が最終的に排熱として廃棄されております。排熱を利用付加価値の高い電気エネルギーに変換し利用することは、化石燃料のエネルギー利用効率を向上させ,結果的にCO2削減への寄与となります。
 排熱を再資源化する上で必要なスケーラビリティを有する発電方式として「固体素子型熱-電気直接変換方式」に注目し、環境低負荷熱電変換材料開発と同モジュール・発電システム開発を通して、「熱のあるところはすべて発電所」の精神でCO2削減に取り組んでおります。

 化石燃料に強く依存した現在のエネルギーシステムにおいて、排熱の再資源化はエネルギー利用効率の改善に極めて重要な技術です。
 300~500℃の排熱を利用付加価値の高い電気エネルギーに変換する環境低負荷・生体適応型で、かつ、高変換効率(~10%以上)が期待される次世代環境低負荷型熱電変換材料・モジュールの開発に産学連携体制であります「排熱発電コンソーシアム」を構築し推進しております。

WHR ダウンロードWHR ダウンロード

sm_title_206x25-02a.gif

通常総会および第33回会合を開催致しました

通常総会および第32回会合

[開催日]
2017年7月20日(木)
[開催場所]
富士ソフトアキバプラザ セミナールーム6


人とくるまのテクノロジー展2017名古屋にブース出展致しました

人とくるまのテクノロジー展2017名古屋

[会期]
2017年6月28日(水)〜30日(金)
[会場]
ポートメッセなごや


第33回会合を開催致しました

第32回会合

[開催日]
2017年4月25日(火)
[開催場所]
名古屋大学 ES総合館 ES会議室


日韓熱電変換技術の合同ワークショップを開催いたしました

日韓熱電変換技術の合同ワークショップ

[開催日]
2017年1月18日(水)
[開催場所]
東京理科大学 森戸記念館


シンポジウムが開催されます

中温度域熱電池開発および熱電標準化検討シンポジウム

[開催日]
2016年12月15日(木)
[開催場所]
コンベンションルーム AP秋葉原